飲み会形式のイベントは、一番手軽にreBakoを体験できます。
サービスがよくわからないのでとにかく試しに使ってみたい、オンライン飲み会の体験がイマイチだからやり方を変えてみたい、という方にオススメです。小規模な飲み会で利用される場合は、フリープランでも十分reBakoを体験できると思いますので、ぜひお試しください。

対象

飲み会の幹事
パーティの主催者

飲み会形式のポイント

レイアウト

独特なレイアウト

さて、飲み会形式のイベントをレイアウトする際に気を使うことはどんなことでしょうか。
オフラインの飲み会やパーティのポイントといえば、席を変えながらいろんな人と楽しくお話しできることですよね。既存の飲み会ができるサービスでは、この魅力を引き出し切れていないと思います。
大きく2点、reBakoを使うことでこれらに対して効果的な演出ができるので、参考にしてみてください。
まず1点目ですが、会場の背景を明るいものやよりテーマ性のあるものにすることです。
こちらの実績などを参考にしていただければわかりやすいと思いますが、会場そのものにテーマを持たせることで、オフラインの飲み会とは異なる盛り上がりが生まれます。どうしてもリアルで顔を合わせて話す方が、体験価値は高いと思います。そこで、オンラインらしく空間にとらわれない点を逆に利用して、盛り上がりを演出してあげるわけです。
2点目は、スムーズな席替えです。リアルの飲み会では頻繁に席替えを行いますよね。
今までにオンライン飲み会に参加したことがある方は、一度はこう思ったことがあると思います。「なんか話しにくい。」と。これは構造的な問題で、こちらの記事を参照していただければわかると思いますが、会話に関わる人数の影響が大きいのです。そこで人数を分けてみるのですが、普通のビデオチャットでただ人数を分けるだけだと席替えがとにかくやりにくい。
reBakoの価値はここにあります。視覚的に誰がどこにいるかわかり、尚且つ会場にチャットアナウンスをすることで席替えをスムーズに促せます。おそらく、これが一番飲み会の体験を良いものにしてくれるでしょう。
簡単にポイントを紹介しましたが、これ以外にもいろいろ使い方が見つかると思いますので、いろいろ試していただければ幸いです。